「追い込む」ことは効果的?

こんにちは!

エイチベース新宿、パーソナルトレーナーの片岡です。

 

 

お客様とのセッションやカウンセリングの中で、

よく出るワードがあります。

 

「もっと追い込んで欲しい!」

「前のジムではかなり追い込まれてたので…」

「追い込んでくれてありがとうございます!」

 

 

正直僕は「追い込み」という言葉はあまり使いません。

というのも、人によって捉え方が違ってきてしまうし、

言葉そのものが暴力的なのが好きではありません。笑

 

 

そもそも「追い込み」とは、

一般的にはトレーニングの限界を迎えること(オールアウトなどと言います)で、もうヘトヘトで上がらない…と思いきや、

「はい!もう3回!」などとトレーナーが声をかけるイメージが思い浮かびませんか?

実際に受けているお客様的には、筋トレメニューをどんどん組んでもらうこと(種目を沢山こなす、セット数多くするなど)も追い込みと捉えられるかもしれませんね。

 

 

ただこの追い込み、めっちゃキツイです。。

スポーツをやっていた方なら何とか耐えられますし、達成感もありますが、

全く運動をやらない方や、体力に自信の無い方だと、心が折れてしまい、もうジ

ムに行きたくない…と思うことも。

 

僕が追い込みを使わない理由はこのことからも言えます。

 

 

そして、

追い込むトレーニング=良い(効く)トレーニング

とは思って欲しくないのです。

 

最初から追い込んで欲しいということは、

自分自身で限界を超えられないということ。

 

 

僕が思うトレーニングの醍醐味は、自分で自分の限界を超えられるようになること。トレーナーはそのためのサポートをすることが仕事の一つだと思っています。

 

僕のトレーニングを受けている方も、

最初は気持ち悪くなって吐きそうになったり、立ち上がれなくなったりすることもあります。

決して追い込むとかではなく、「初めて」だからです。

初めての方からすれば、60分の筋トレなんてかなり苦痛です。今まで感じたことのないような刺激に、身体もついていきません。

 

そこから回数を重ねるうちに、

 

重さが上がるようになり…回数ができるようになり…

色々な種目をこなせるようになり…疲れにくくなり…

 

自分自身で毎回限界を超えるように取り組み、自分でその変化に気づけるようになり、結果それによる成長を感じて欲しいのです。

 

 

僕が今までの経験で感じることとしては、

追い込んで欲しい…と仰る方は、まず自分の力で限界を超えられるように

メニュー作成やキューイングなどでサポートします。

追い込みはその結果で、あくまでもやるのは自分自身で!

 

限界を何度も超えられるようになることが、

自分の思い描く理想体型に近づける最短ルートです!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ダイエット・ボディメイク専門!パーソナルトレーナーが徹底サポート!

~新宿・大久保・西新宿から通えるパーソナルトレーニングジム~

エイチベース新宿

体験トレーニング受付中★

【体験予約ページへ】

Hot Pepper Beautyでも掲載中!空き状況はこちらでチェック↓↓

【Hot Pepper Beautyページ】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です