ダイエット効果を高めるスミスマシン活用法

こんにちは!

エイチベーストレーナーの片岡です。

 

今回はダイエットのためのトレーニングをさらに効率よく進める、「スミスマシン」の活用法について解説していきます。

 

スミスマシンとは

スミスマシンとは、ウェイトトレーニングのマシンの一種です。

バーベルやダンベルを使うフリーウェイトトレーニング、トレーニングしたい筋肉に合わせて負荷を合わせられるマシントレーニング、スミスマシンはその中間位にあるマシンです。

 

特徴として、フリーウエイトトレーニング種目の多くを、スミスマシンのレールで軌道が確保された状態で実施することができます。

このため、初心者には動作に安心感があり取り組みやすく、フリーウェイトでベンチプレスやスクワットを始める前の導入種目として有効です。

中~上級者にとっても軌道の不安定さを気にする必要がないため、バーベルよりも高負荷でトレーニングを実施できるというメリットも。

 

その反面、動作のブレを自身で制御する必要がないため、正しく体幹が使えないフォームになってしまうこともあります。

軌道が完全に固定されているため、最初のセッティング位置・フォームがずれていると軌道のズレが全て関節に痛みとして返ってきてしまうので、事前のフォームチェックは必須です。

 

24時間ジムや総合型のフィットネスクラブには必ずと言っていいほど用意されているマシンです。初心者向けのジムでは、スクワットやベンチプレスができるパワーラックは置かずに、スミスマシンで代用しているケースもあります。

前述したように、最大のメリットはあらゆる基本種目をスミスマシン単体で行えること。

実際に僕がトレーナーになる前にジムに通っていた時は、スミスマシンで行うベンチプレスをひたすらやり込んで今の体型の基礎を作ってきました。

 

また僕がトレーナーとして指導をする際にも、

通常のバーベルで行うスクワットを習得しづらい方も、スミスマシンで行うことでスムーズに行える方も多くいらっしゃいます。

 

スミスマシンのダイエットプログラム例

実際に行うことができる種目です。

 

【上半身】

・ベンチプレス(胸)

・インクラインプレス(胸)

・デクラインプレス(胸)

・ベントオーバーロウ(背中)

・デッドリフト(背中)

・ショルダープレス(肩)

・ナローベンチプレス(腕)

・アップライトロウ(肩)

・シュラッグ(肩)

 

【下半身】

・スクワット(太もも・お尻)

・ハックスクワット(太もも・お尻)

・ランジ(太もも・お尻)

・ヒップスラスト(お尻)

・カーフレイズ(ふくらはぎ)

 

上記の通り、体型の大部分を鍛えることができます。

よって筋肉量も増えやすく、基礎代謝向上につながります。

 

 

プッシュ系(押す)の種目だけでなく、プル系(引く)の種目も可能なので、

あらゆる感覚を用いてトレーニングパフォーマンスも向上できます。

 

スミスマシンを活用しつつ、

僕がオススメしたいダイエット向けメニューは、

 

・スミスマシンインクラインプレス(胸の上部)

・ダンベルフライ(胸)

・スミスマシンベントオーバーロウ(背中)

・ラットプルダウン(背中)

・スミスマシンハックスクワット(太もも・お尻)

・ブルガリアンスクワット(太もも・お尻)

 

スミスマシンとダンベル、マシン種目を組みわせた例です。

このようなメニュー構成だと、短期間でのボディメイク効果も大いに望めます。

スミスマシンだけでも全身鍛えられますが、あくまでもそれに頼りきらず、

身体にあらゆる刺激を与えること。

マシンだけではなく、ダンベルやバーベルの不安定さも組み合わせて身体にどんどんストレスを与えましょう。

 

スミスマシンで効果的に鍛えるには

 

スミスマシンを使う上で見て欲しいポイントです。

実際のマシンは、メーカーによって形は様々です。バーの太さや、全体のサイズ感、重さの感覚なども違ってきます。

ただ、それよりも見て欲しいポイントは、

バーの軌道です。

特に24時間ジムにあるスミスマシンの多くは、バーを動かすレールが垂直ではなく斜めになっています。

それにより、どちら向きにやればいいのだろう・・・ベンチに寝る位置に迷われる方も多いと思います。

最初は何も考えずに行いフォームの習得を目指しても良いかもですが、慣れてきたらもう一歩進んでみましょう。

 

例えばベンチプレス。バーベルで行う場合は自分で軌道をコントロールさせるので気にせずとも、スミスマシンで行う場合は、マシンの軌道に身体の向きを合わせていく必要があります。

理想はバーを下ろした際に胸がしっかりストレッチする位置です。上から見た際に、脇の角度が80度くらいの位置が目安となります。バーを降ろす際に肩が痛いと思ったら、そのように調整してみましょう。

それ以外の種目、特にスクワットなどの立位種目の場合は鏡の方向に身体を正面に向けがちです。鏡が見えるから良いというわけではなく、

身体にかかる負荷や体のベクトルに合わせての微調整が必須です。

まずは色々と試してみて、感覚の違いを実感してみてください!

 

 

今回はダイエットに効果的なスミスマシンについて解説しました。

身体に新鮮な刺激を与えるためにも、色々なトレーニング法を習得させましょう!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ダイエット・ボディメイク専門!パーソナルトレーナーが徹底サポート!

~新宿・大久保・東中野から通えるパーソナルトレーニングジム~

H–BASE(エイチベース)

体験トレーニング受付中★

【体験予約ページへ】

Hot Pepper Beautyでも掲載中!空き状況はこちらでチェック↓↓

【Hot Pepper Beautyページ】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です