ダイエット中でも食べれるおせち料理

こんにちは!

新宿のパーソナルトレーニングジム、エイチベースの山崎です。

 

いよいよ年末、来週にはお正月シーズンですね^ – ^

 

お正月の楽しみの一つ、それがおせち料理。

お正月にしか食べれない美味しいご馳走ですよね。

食べ過ぎてお正月に太ってしまった…

そんな経験した方は多いと思います。

そこで今回は、

食べ過ぎないほうが良いおせち料理と、食べても問題ないおせち料理をご紹介致します。

 

ダイエットにオススメのおせち料理

 

・おせちが太る原因

和食は低カロリーなイメージがあり、おせちも素材の味を生かした体に良い料理、
というイメージがあるかもしれません。

実際、おせち料理の食材そのものは低カロリーのものが多いのです。

おせちは保存が効くようにと大量の砂糖・みりんで煮詰めることで、カロリーが高くなっている料理なのです。

おせち料理は素材に太る原因があるのではなく、料理の濃いめの味付けが太る原因になるわけです。

 

・おせち料理高カロリーランキング

1.煮しめ

本来おせちは年内に作っておいて正月に食べるための保存食ですので、

煮物系は普段の人のより味付けが濃くなります。

煮汁がなくなるまで醤油と砂糖、みりんを染み込ませるため、
素材は低カロリーでも塩分や糖分が多く含まれています。

例えばコンニャクなど食べる食材に気を付ければ摂取カロリーを抑えられます。
コンニャクはご存じのように低カロリーなので、調理されていてもさほど変わりません。

低カロリーな食材でも、煮しめはカロリーが高くなっているのでお気をつけください。

 

2.栗きんとん

栗きんとんは、和菓子のように作られていればカロリーを抑えられます。

おせちに入るときは味付けは濃くカロリーが高くなっています。

砂糖とみりんをたっぷり使ってこした芋に、シロップで煮た栗で作られる栗きんとん。

スイーツのように甘くおいしいですが、食べ過ぎないよう気をつけましょう。

 

3.伊達巻き

長崎ではカステラかまぼこ、と呼ばれるそうです。

卵に魚のすり身に砂糖とみりん、醤油を加えて焼きます。

カステラと同じ位の砂糖を使うのカロリーが高くなります。

卵はたんぱく質豊富でボディメイクに良いですが、砂糖を多く含まれた伊達巻きの食べ過ぎを気を付けよう。

 

・おせち料理低カロリーおすすめランキング

1.かまぼこ

かまぼこは甘辛く味付けされていません。
材料の魚のすり身は高たんぱく低カロリーで食べ過ぎても問題ありません。
ダイエット中の方はお正月以外にも食べてよいと思います。

 

2.数の子

1切れ(10g)9キロカロリー。
数の子は糖分が少なく低カロリーです。
しかし、塩分が多くむくみの原因になります。

3.海老焼き

海老焼きは凝った味付けをしているわけではないので、
低カロリーです。
その上、海老は高たんぱくなのでダイエット時にも非常におススメです。

 

まとめ

高カロリーなおせち料理は少なくし、低カロリーのおせち料理を食べながら、

一家団欒を楽しみましょう!

※おせち料理が続き飽きてくると、
ラーメンやカレーなどの高カロリー料理が食べたくなると思います。
ダイエット中の方は注意しましょう。

 

お正月は普段より体を動かす機会が減り、脂肪が増えやすくなります。

運動不足解消、ボディメイクをしにパーソナルジムに通い始めてみませんか?

皆様のお問い合わせを心よりお待ち致しております!!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ダイエット・ボディメイク専門!パーソナルトレーナーが徹底サポート!

~新宿・大久保・東中野から通えるパーソナルトレーニングジム~

H–BASE(エイチベース)

体験トレーニング受付中★

【体験予約ページへ】

Hot Pepper Beautyでも掲載中!空き状況はこちらでチェック↓↓

【Hot Pepper Beautyページ】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です