お菓子が食べたい…そんな時こそ「プロテインバー」!

こんにちは!

新宿のパーソナルトレーニングジム、エイチベース新宿です。

 

 

さて、今回は「プロテインバー」についてです。

 

「プロテイン」とは違います。

「プロテイン」を材料として作られたお菓子のことを、

「プロテインバー」といいます。

 

材料がプロテインだけに、タンパク質が豊富に含まれています。

よって筋力をつけたい方、ダイエット中の方にもお勧めできるお菓子なのです。

 

効率よく栄養摂取し、身体を作り上げるためには、通常お菓子はタブーとされています。 

絶対に食べてはいけないわけではないですが、「糖質」や「脂質」が多く含まれているため、

食べる前後の食事コントロールが必要となります。

 

しかし、無性に食べたくなりますよね~お菓子。

 

仕事をしている方であれば、合間の間食や残業しているときに・・・

家にいる方でも、家事がひと段落したところで・・・

お腹が空いているわけでもないのに、甘いものに手が伸びてしまうことも多々あるわけです。

 

そんなときこそ、「お菓子」ではなく「プロテイン」を飲んで身体に良い栄養を送るのです!

 

仕事中にプロテインはさすがに・・・あの環境でシャカシャカ(シェイク)できない・・・

そんなときに手軽に補給でき、かつお菓子のように食べれるのが「プロテインバー」です。

代表的なものでこちら。

ウィダーのプロテインバーです。

最近ではほとんどのコンビニで販売されていて、私もたまに買います。

注目すべきはこの栄養成分です。

 

タンパク質:10g

脂質:8.4g

糖質:12.2g

カロリー:164キロカロリー

 

通常のお菓子と比べ、

タンパク質が多く、糖質と脂質が少ないのが特徴です。

味もチョコレート風味が強く、コーヒーと合いますね!(^^)!

 

ぜひ他のチョコレート菓子と見比べてみてください。

 

「某チョコレート菓子」

タンパク質:2.46g

脂質:11.1g

糖質:20.7g

カロリー:192キロカロリー

 

このお菓子も低カロリーな部類にはなりますが、タンパク質が少なすぎます。

糖質20gということは、おにぎり半分と同等です。

同じエネルギーとして活用できていても、

どうせなら筋肉の材料となる方を選んだ方が良いですよね。

 

ただ、上記のプロテインバー。

食べていても太らないわけではありません。

脂質も糖質も含んでいますし、食べ過ぎたらオーバーカロリーとなります。

お菓子を食べるくらいなら・・・といったところでしょうか。

 

しかしこのプロテインバー、近年日本でも様々な種類が販売されています。

例えばこちら・・・

 

気になる栄養成分はこちら。

 

「プロテインプラス」

タンパク質:17.1g

脂質:3.9g

糖質:17.1g

カロリー:187キロカロリー

 

 

「クッキークリーム」

タンパク質:12.0g

脂質:4.1g

糖質:13.0g

食物繊維:5.4g

カロリー:123キロカロリー

 

味も普通のチョコレート菓子を食べているような感覚で非常に美味しいです(^^♪

値段は300円以上と少し高めなのですが、この栄養成分なら納得です!

 

 

 

今回は「プロテインバー」を紹介させていただきました。

もちろん、これを食べなくてもダイエットはできます。

お菓子が好きな方、甘いものがやめられない方こそぜひお試しください!

一つ一つの積み重ねで身体は変わります!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ダイエット・ボディメイク専門!パーソナルトレーナーが徹底サポート!

~新宿のパーソナルトレーニングジム~

H–BASE(エイチベース)

無料カウンセリング・体験受付中★

【無料カウンセリング予約】

Hot Pepper Beautyでも掲載中!空き状況はこちらでチェック↓↓

【Hot Pepper Beautyページ】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です