筋トレ初心者やダイエット中でもたんぱく質をとるべきなのか?その②

こんにちは!

新宿のパーソナルジム、トレーナーの委吹です!

 

 

今回は前回お話しした

「筋トレ初心者やダイエット中でもたんぱく質をとるべきなのか?その①」

でお話しできなかった内容をお話ししていこうと思います!

 

・なぜプロテインをとるのか?

 

 

プロテインについて、「ジムで筋トレをして、ムキムキの筋肉をつけたい人のもの」というイメージを持っていませんか?

ダイエット中にたんぱく質が欠かせない理由については、

前回お話ししました「筋トレ初心者やダイエット中でもたんぱく質をとるべきなのか?その①」をご覧ください。

 

そちらの記事の中でトレーニングをしている人であれば 体重x1.8~2(g)のたんぱく質量の摂取を推奨していると記載しましたが、

例えば体重50kgの人ですと、50×1.8~2(g) = 90~100gのタンパク質量を取らなければいけません!

これを1日3食で割ると、1食当たりのたんぱく質量は、約30gになります。

これは一見、30gなら摂取できそう!と思うかもしれませんが毎食、主菜からたんぱく質をしっかりとるのが理想ですが、忙しいときは肉・魚のおかずの調理に手間をかけられないのではないでしょうか。

 

また、時間に余裕のない朝食、平日にひとりで食べる昼食などは、パン、丼もの、麺類などで簡単に済ませてしまうケースもあり、たんぱく質が手軽に補えるプロテインは、ダイエット中の方や自宅で簡単な筋トレをしている人にもおすすめなんです!

 

 

・プロテインの種類

たんぱく質を手軽に補いたいシーンで役立つのが「プロテイン」です。

 

主な種類は、植物性たんぱく質の「大豆(ソイ)プロテイン」、動物性たんぱく質の「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」、に分けられます。

 

・大豆(ソイ)プロテイン

大豆が原料の植物性のプロテインで、体を引き締めたいダイエット中の方におすすめ。

朝食時や運動後など、さまざまなシーンのたんぱく質補給に役立ちます。

 

・ホエイプロテイン

牛乳から乳脂肪分とカゼインを除いた乳清(ホエイ)のプロテインで、吸収速度が速いのが特徴。筋トレ後など素早くたんぱく質を補給したいときに向いているといわれます。

 

・カゼインプロテイン
牛乳から乳脂肪分と乳清を除いたカゼインのプロテインで、吸収速度がゆるやか。長時間たんぱく質がとれないとき(就寝中など)の前に補給するとよいといわれています。

 

この3種類のプロテインからは、どれも良質なたんぱく質を補えます。

飲みやすい味のもの、価格が手頃で続けやすいものを選ぶといいでしょう。

 

ダイエット中はバランスのよい食事をとり、たんぱく質などの栄養素が不足しないように気をつけましょう。忙しいときは、プロテインが食事の栄養補給のサポート役になるので、上手に取り入れていきましょう!

 

以上のことを踏まえて、効率良くボディメイクを一緒に目指していきましょう!