女性トレーナー推奨!睡眠の質を上げる為にやるべきこと

こんにちは。

エイチベース新宿、パーソナルトレーナーの竹林です。

 

身体作りをしていく中で『運動や食事をこんなに頑張っているのになかなか痩せないな』『疲れてやる気がなくなってきたな』と思う事がありますよね。

 

 

そんな時に自分の生活を冷静に振り返ると、睡眠時間が短くなっている事に気づく事がありました。

気づいてすぐに時間を作ってたくさん寝るとストンと体重が落ちたりします。

そんな経験はありませんか?

 

幸い私個人は寝ようと思ったらたくさん寝る事ができるタイプなので寝れば良いと思ってやって来ましたが、たくさんのお客様と接していく中で分かっていても寝られない方も多いんだなと思いました。

 

そこから、アロマテラピーやナチュラルビューティースタイリストの資格の勉強をし、

良質な睡眠をとる為にできる事のバリエーションが増えたので、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

良質な睡眠をとるためにやるべきこと

 

 

まずダイエットや身体づくりに睡眠が大切な理由について説明します。

 

・眠っている間に成長ホルモンが活発に活動し、脂肪を消費してくれる

・脳の疲労回復をする

・寝不足だとストレスホルモンのコルチゾールが増え、甘い物や高カロリーなものを食べたくなる

 

そして眠れなくなる原因についてです。

 

 

・ストレス

 嫌な事、悩み事がある時、翌日に大切な用事がある時など

 

・体内時計の乱れ

昼夜逆転生活や急に生活のルーティンが乱れてしまったなど

 

・環境

音や光、気温や湿度、など

 

・刺激物の摂取

コーヒーやお茶に含まれているカフェイン、たばこのニコチンなど

 

上記のように眠れなくなる原因になる事はたくさんありますよね。

 

ではここからが本題。

良質な睡眠を得るためにできる事をご紹介していきます

 

睡眠を高めるポイント

 

◎交感神経と副交感神経のバランス整える為に生活習慣を整える

・朝決まった時間に起きる

・朝朝食をとり、日光を浴びる

・適度な運動をする

・カフェインの入っている物を摂り過ぎない

 

一見当たり前の事ですが、この当たり前の事を当たり前に出来るかが重要です。

朝食を摂る事で身体をきちんと起こして交感神経を優位にしていく。

日光を浴びる事で幸せホルモンのセロトニンを出す。

そういう小さなことの積み重ねで昼間交感神経を優位にして一日を過ごし、

寝る前に気持ちを落ち着かせる副交感神経が優位になって眠たくなるような習慣をつけていく事が大切です。

 

◎更に+αでできることは

・日々の食事でセロトニンを出す為の材料になる必須アミノ酸のトリプトファンを摂る。

 

これは大豆製品、鶏肉、卵などのたんぱく質を摂れる食材に入っているので、朝食を摂るというところにも繋がってきます。

 

・睡眠の環境を整える

室温、湿度に問題がある場合はエアコンの温度設定の見直しをする、音や明るさの問題がある場合は耳栓をする、アイマスクをする、蛍光灯ではなく優しい明かりの電球を使ってみるなどやってみる。

 

・安眠効果のあるアロマを焚く

ラベンダー、オレンジ、ベルガモットなどがおすすめ

 

・寝る1時間前くらいにお風呂に入って身体を温めてから布団に入る

 

・温かいノンカフェインのお茶、白湯などを飲んで少し身体を温めてから布団に入る

 

上記2つは体温が下がっていく時に眠りにつきやすいので、身体を温めて布団に入るようにする事で眠気が来る事を期待して行います。

 

よく眠れると運動へのやる気も出やすいので、まず普段の睡眠や生活習慣を見直して

睡眠の質を向上して、起きている時間に活発に活動をして夜はしっかり休めるようにして

運動をする時間も作れると理想的なお身体に近づく第一歩になると思います。

 

 

 

食事、運動、睡眠を大切にしてイキイキした健康的な身体を作っていきましょう!!